兄弟・姉妹とのエッチ実体験を明るく語るスレ3


42 名前: ドキュソ兄@94 ◆.fqgxxRU 投稿日: 02/06/04 21:07 ID:???
「おい、○○ー!」と怒鳴ると、
「は、はい」おどおどした声で返事をして、あわてて俺の部屋に来る。
宿題をしてたのか、日記を書いていたのか、シャープペンを手に持っている。
「レベル上げといて」とだけ言って、コントローラーを渡すと、
「あ、はい・・」
妹はコントローラーを受け取って、素直にDQをやり始めた。
前の日からずっと徹夜でやってたので、俺はベッドに横になった。
「そこ出たり入ったりしてっと、はぐれメタル出てくるから」
「はい・・」
しばらく俺は、ベッドから妹を見ていた。
妹は左腕にギプスをしている。もうそろそろギプスを外す頃だった。
2週間ぐらい前に何人かにボコられて、腕の骨が折れ、目の横を切った。
仕返しが恐いのか、俺が代わりに仕返しへ行って無茶をするのが避けたのか、
誰にやられたのかを決して言わなかった。そして、泣きもしなかった。
黙々とDQをやる妹をしばらく眺めていたが、いつしか俺は寝てしまった。


その事件が起きたのは、妹が高1、俺が高2の夏休み直前だった。
レイプを心配したけど、されてなくてホッとした。
妹はしばらく学校を休み、そのまま夏休みに入った。

昔から大人しかった妹だけど、高校に入ってから少しずつ明るくなった。
大人しい奴が何かのきっかけで急に目立ち始める・・いわゆる”デビュー”
というのを嫌う奴がどこにでもいる。最初は、その的になったんだと思った。
ネクラだった妹がよく笑うようになり、人並みにおしゃれをするようになった。
父子家庭だったし、昔は貧乏だったので、妹はおしゃれとは縁遠かった。
その妹が少しずつ人並みに可愛くなっていくのを見ていて、俺はうれしかった。
「学校どうだよ。楽しいか?彼氏とか出来たか?」と聞くと、
「はい。楽しいです。彼氏はいないけど、先輩につきあってと言われました」
と答えた事があった。もしかすると、恋愛絡みのもめごとかもしれないとも
思った。いずれにしても、妹が悪いわけではなかったんだろうと思っていた。


俺と妹は別々の高校だった。
妹の学校には、俺の友達や後輩が何人か通っていた。俺の学校にも、
妹の友達が何人か入学してきていた。妹をボコった奴らの情報はすぐ入った。
妹がボコられて2日後には、さっそく犯人の一人を後輩が拉致ってきてくれた。
その子は、その後輩の友達の彼女だった。十人ぐらいで囲んで罵声を浴びせると、
「すみません、すみません、ごめんなさい」と、必死で謝り始めた。
その頃の俺は、鑑別行きの一歩手前だったので手を上げず、
「何もしないから、○○をボコった奴全員の事を教えろ」と言った。
その子は、すぐに全員の名前をしゃべった。しゃべった後に、まわされた。
妹をボコった奴の中に、俺の元カノがいた。元カノというか、しばらく
セックスフレンドにしていた子だった。ちょっとモメて別れた子だった。
その元セックスフレンドの彼氏が妹と同じ学校で、俺とタメだった。
妹を気に入ったらしくて、よくちょっかいを出していたらしい。


妹がボコられたのは、少なからず俺も原因になっていたようだ。
元セックスフレンドは、彼氏がちょっかい出している子が、俺の妹でも
あると知って、怒りが倍増したんだと直感した。

その翌日。元セックスフレンドと彼氏を何人かで拉致ってきた。
二人とも顔が真っ蒼になっていた。彼女をまわすか彼氏をボコるか
その二人に選ばせろと後輩に言って、俺は最後を見ないまま家に帰った。
俺が鑑別行きにリーチがかかっていなかったら、どうしていたか分からない。
多少ではあるが俺が原因になって妹がボコられ、妹の仇をうちたいのに
鑑別が恐くて手を出せず、後輩を使って仕返しをした・・情けなかった。
その帰り道、付き合っていた彼女と別れてきた。「別れたい」と前から
言われていたが、ずっと許さずにセックスフレンドにしていた子だった。
ちゃんと心から謝った。「謝らなくていいよ」と、彼女は分かってくれた。
ちなみに、それ以来、俺は悪さをしなくなった。後輩達とも疎遠になった。
犯人の元セックスフレンドと、その彼氏がどっちを選んだのか、
そしてどうなったのかも聞かなかった・・。


猛烈な暑さで目が覚めた。8時間は寝た。日がすっかり落ちていた。
俺が寝ていた間、妹は黙々とはぐれメタルをやっつけていた。
「まだやってたのか・・」
「あ・・はい」
「麦茶、持ってきてくれ」
「はい・・」
その時、ぼんやりと思った。
俺の言う事を素直に何でも聞くけれど、妹は嫌々従っているのだろうか。
大人しいけど、それなりに頭も良くて、それなりに女の子らしい子だと思う。
もう少しおしゃれをすれば、きっとそれなりにいい彼氏が出来るだろう。
しばらく放っておいてあげた方がいいのかもしれないな・・。
そんな事を考えていると、妹が麦茶を持って戻ってきた。
「さんきゅー」
俺は麦茶を飲んだ後、これで最後にしよう・・と思って、妹を抱いた。
言葉もなく妹を押し倒して、妹を抱いた。
妹も妹で何も言わず、素直に俺に抱かれ、いつものようにあえいでいた・・。


セックスが終わった後、俺は妹に聞いた。
「お前、本当は俺とセックスするの、嫌なんじゃないのか?」
しばらく黙っていたけど、ポツリとつぶやくように返事をした。
「気になる人が出来ました。ごめんなさい・・だから・・」と。
俺は内心、ドキッとした。(まさか、元カノの彼氏では・・?)
この前、後輩達が拉致ってきた男だったら、俺は最悪な事をした事になる。
でも、話を聞くと違った。妹の通う高校の近くの高校に通ってる奴らしい。
いろいろ聞いたけど、割といい奴っぽい。
「じゃあ、がんばってゲットしろよ」
「はい。でも・・ごめんなさい・・」
「気にすんな。俺、こないだ彼女と別れたから、俺の分もがんばってくれ」
「あ、はい。がんばります」
妹は、恥ずかしそうに笑った。


しばらく恋バナをしていると、親父が帰ってきた。俺と妹は、あわてて服を着た。
「そいつとうまくいくまで、俺のものだからな」と、笑いながら意地悪を言った。
部屋を出て行こうとした妹が、まじめな顔で言った。
「でも、もう最後までとかは出来ません・・ごめんなさい」
「んじゃ、口だけってことで」
「あ、はい。それならいいです」と言って、笑った。
「ふられたら教えろよ。俺が彼氏になってやるから」と言うと、
「あ、その時はよろしくおねがいします」と、頭を下げて部屋を出て行った。
マジだったのか、冗談だったのかは知らない。でも、胸のつかえが多少取れた。
(ま、いいか。これで・・)そう思う事にした。

夏休みが過ぎ、二学期が始まってしばらくすると、妹はその恋を実らせた。
寂しい気もしたけど、うれしくも思った。うまく続いて欲しいと思った。
でも、本当は少し失恋気分だったかも。そして、少し恋愛が嫌いになった・・。


妹さんにドラクエやらせて自分は眠ったり、
兄さんが妹をいじめたやつらに制裁の手段として
「まわす」を選んだことで、兄さんの過去の真性DQNっぷりが暴露。
以降、しばらく兄さんへの注意、罵倒などが飛び交う。
当時の本スレでさんざん責められたので、
もう今は責めないであげてください。



トップへ戻る



【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース